なぜセラミド2配合のクリームが選ばれるの?

「セラミド2」は、肌に存在するセラミドと、同じ構造のセラミドです。
肌の中に存在する「細胞間脂質」とは、細胞と細胞の間に存在するもので、肌内部からの水分蒸発を抑える役割と、外部からの刺激などを阻止する役割を担っています。よく言う、バリア機能というものです。細胞間脂質が不足すると、バリア機能が衰え、乾燥しやすい肌になります。
そして、この細胞間脂質の50%は、「セラミド」でできています。セラミドは、加齢や肌炎症などによって、減ってしまいます。そうなると、肌に弾力が保てなくなり、ハリが失われ、しわを作る原因ともなるのです。よって、健やかな保湿肌を保つためには、減っていくセラミドを補っていくことがとても重要です。
セラミドにはいくつか種類がありますが、その中で最も保湿効果の高いセラミドが「セラミド2」なんです。高濃度で、ナノ化されているセラミド2配合のクリームがとてもおすすめだといえます。では、クリームを選ぶポイントをもう少し説明してみましょう。

セラミド2配合のクリームを選ぶための3つのポイント

セラミド2の「ナノ化」

セラミドは浸透率が高いといいますが、その中でもナノ化されているヒト型のセラミドがとてもおすすめです。ナノ化されているセラミドは、肌の奥まで浸透し、そこからほぐれて、深部にまで浸透します。肌のすみずみにまで浸透、肌をしっかり保湿してくれます。

セラミドの蒸散を防ぐ

セラミドを肌に浸透させても、それが蒸発してしまうのでは意味がありません。一度保湿された肌を、水分が蒸発しないような処方のものを選びましょう。肌表面にバリアを形成してくれるようなものがおすすめです。紫外線や外部刺激などもブロックしてくれる膜を形成してくれる成分配合がおすすめです。

セラミドの浸透と定着を高める

紫外線ダメージや、乾燥肌、アトピー肌など、肌内部に炎症が起きている状態では、上手にセラミドを留まらせる事が難しくなります。そこで、肌内部でおこっている炎症を抑える、そんな成分配合が必要です。健やかな肌とは、肌炎症がなく、すみずみまでセラミドが浸透している、保水力のある肌といえます。

セラミド2配合のクリームで一番のおすすめ製品はこちら!

ディセンシア「アヤナス」がおすすめです!
セラミド2を配合するクリームでおすすめの「アヤナス」で美保湿肌に!

ヒト型ナノセラミド・・・ヒト型のセラミドがナノ化されて、最も肌に浸透しやすい状態のセラミドが配合されています。肌に伸ばすだけでスッと、ギュッと馴染みます。
ヴァイタサイクルヴェール・・・セラミドの蒸散を防いでくれる成分で、ディセンシア独自の技術です。バリアの膜を形成し、外部刺激や、肌の乾燥を防ぎます。
コウキエキス・・・肌内部の炎症をしっかりと抑えて、保湿成分や美容成分が効きやすい肌に育んでくれます。健やかな肌を目指します。

話題のセラミド2配合のクリーム「アヤナス」をぜひお試しください!